【忖度なし】Private VPNの評判・性能を他のVPNと比較解説!

VPN Review

Private VPNの実際の評判はいい?

Private VPNはほかのVPNと比べて性能はどう?

とこのような疑問をお持ちの方を最近多く見かけます。

そこで、本記事ではPrivate VPNの実際の評判や性能を画像や表を使って解説していこうと思います。

また、同時にPrivate VPNがほかのVPNサービスと比べて性能は高いのか、料金は安いのかをデータを見ながら徹底解説していきます。

今、どのVPNサービスを契約しようかお悩みの方はぜひ参考にしていってください!

まず、VPNとは?

まず、そもそもVPNってなに? という方もいると思いますので、ここで一度解説しておきます。

VPNとは(Virtual Private Network)のことであり、日本語に訳すと仮想の私的なネットワークといった意味になり

本来はとても高いセキュリティー保護(暗号化)を目的に使用されていたサービスになります。

これだけでは、当然意味がわからないと思うので図を使って詳しく解説していきます。

実際にVPNを使用した際の例の図

上の図のようにVPNというのは自分のデバイスからWebサービスに接続する際の中間地点になるフィルターのようなイメージのようなものになっています。

VPNを使うことにより中継地点のようなフィルターができるため、VPNサーバーで軍事レベルの暗号化を行い通信を保護したり

接続するVPNサーバーを海外にすることにより、自分が接続している国を偽装し他の国から接続しているように認識させることができるサービスのことです。

Private VPNってどんなVPNサービス?

本記事で解説していくPrivate VPNはスウェーデンに拠点を持つ、VPNサービスの一つです。

Private VPNは日本語対応を行っていないため、日本人のユーザーは多くありませんが

海外では比較的知名度の高いVPNサービスになっています。

Private VPNの公式サイト

Private VPNの詳細

Private VPN
同時接続可能台数10台
サーバー数・設置国数150台以上・63ヶ国
対応デバイスWindows, Mac, Android, iOS
Netflix対応対応
利用料金(変動あり)1ヶ月プラン:約1,200円/月

3ヵ月プラン:約800円/月

3年プラン:約270円/月

返金保証期間30日

Private VPNの評判【メリット・デメリット】

では、さっそくここからはPrivate VPNについて実際に感じた全体的な感想や

ほかのVPNサービスとデータを比較して感じたメリット・デメリットを紹介してきます。

Private VPNについて感じた全体的な感想

個人的には、Private VPNはとても料金も安く、良心的なVPNサービスだとは思うのですが

安い料金で利用できるプランが3年プランのみであったり、日本人が極端に少なく情報が少ないなどの不安要素があるので、2年プランで同じ値段で契約できるSurfSharkの方が使い勝手がいいなと感じました。

さらに、SurfSharkは日本語対応も完了しているうえ日本人ユーザーが多いので情報も多いので正直わざわざPrivate VPNを選ぶ必要はないかなと思っています。

では、ここからはPrivate VPNのメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

まずは、Private VPNのメリットから解説してきます。

Private VPNのメリットは

  1. 料金が安い

近年、VPN業界は勢いが増しており、大手VPNサービスがスケールメリットを生かしどんどん性能を向上させているのでどうしても中堅サービスのメリットが少なくなってしまっています。

デメリット

Private VPNのデメリットは

  1. 通信速度が比較的遅い
  2. 日本語対応がされていない
  3. 動画配信サービスに少し弱い

の3つになっています。

では、さっそく詳しく一つ一つ解説してきます。

Private VPNのメリット

メリット1:料金が安い

料金・プランPrivate VPNNordVPNSurfShark
1ヶ月プラン約1,200円/月1,370円/月1,549円/月
3ヵ月プラン約800円/月なしなし
1年プランなし570円/月479円/月
2年プランなし460円/月299円/月
3年プラン約270円/月なしなし

こちらの表を見ていただければわかる通り、Private VPNは料金が安いと人気なSurfSharkやVPN業界トップクラスの性能を持つNordVPNと比べると3年プランに限って料金が安いといった形になっています。

ただ、3年プランしか用意されていないため、絶対に3年以上継続してVPNの使用を続ける方以外はNordVPNやSurfSharkの2年プランや1年プランなどを選択した方が安く済みますので注意してください。

環境が変わるとVPNの調子が変わってしまうこともあるので個人的にはあまり長期の契約はおすすめできません。

Private VPNのデメリット

デメリット1:通信速度が比較的遅い

通信速度比較ダウンロード速度低下率アップロード速度低下率
Private VPN約40%約40%
Nord VPN約20%約20%
SurfShark約20%約20%

こちらのデータは海外の大手VPN検証サイト数十個のデータを集計し、平均した通信速度低下率のデータになります。

以上のデータのから、Private VPNは通信速度が遅いわけではないが、大手VPNサービスと比較してしまうと少し遅いことがわかります。

当然ですが、動画を見たり、SNSを見たりなどの通常のネットサーフィンといわれるものでは全く問題ありません。

しかし、FPSゲームなどのオンラインゲームやZoomなどのビデオ会議などのとても速い通信速度が必要となる場面での使用では、少し不安が残ってしまいます。

デメリット2:日本語対応がされていない

Private VPNは公式サイト、スマホアプリ、デスクトップアプリ、カスタマーサービスなどのすべてのサービスで日本語対応を行っていません。

そのため、日本人ユーザーがとても少なく情報がほとんど出回っていないので、何かVPNでトラブルがあった場合に自分で解決するのが非常に難しいです。

カスタマーサービスでさえ英語のみの対応となっているので英語が苦手な方は避けた方には全くおすすめできません。

デメリット3:動画配信サービス対応が少し弱い

ブロック回避比較Private VPNNordVPNSurfshark
Netflix △ △
U-NEXT
Hulu× 〇
AmazonPrime
Tver
AbemaTV

Private VPNは動画配信サービス対応はNordVPNやSurfSharkよりやや弱いといった感じになっています。

もし、NetflixやHuluなどの地域制限ブロックが厳しいサービスにVPNを利用したい場合は

動画配信サービスにもっとも強いといわれているNordVPNをおすすめします。

また、ここに記載されていない動画配信サービス(VOD)に使用したい場合はNordVPNには30日の返金保証期間がありますので実際に契約してみてそのサービスで使用できなかったら返金対応を受けることで実質無料で試すことができます。

※ 返金はどんな理由でも基本受け付けてくれます

NordVPNの公式サイトを見る

まとめ:Private VPNは日本人にはおすすめできないサービス

今回の記事の内容をまとめます。

  1. Private VPNは3年の長期プランのみ料金が安い
  2. 日本語対応を全くしていないので日本人にはおすすめできない
  3. 通信速度、動画配信サービス対応には期待できない

いかがでしたか?今回はPrivate VPNの評判やメリット・デメリットを解説していきました。

Private VPNは長期利用においては料金が安く良心的なサービスですが

料金が安くなるプランが3年からととても長期のプランになってしまう上、日本語対応も全く行っていなどその他もろもろのデメリットが少し目立ってしまうので

わざわざPrivate VPNを選ぶのであれば、2年プランで月額299円から利用できるSurfSharkや

VPN業界トップクラスの性能を誇る2年プランで月額460円から利用できるNordVPNをおすすめします。

  • 1円でも安くVPNを使いたい方はSurfShark
  • コスパ良く高い性能のVPNを使いたい方はNordVPN

のような感じで検討してみてみるととても良いと思います。

もし、参考になりましたらうれしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました